2014年7月26日土曜日

ゴッドファーザー・ゴッドファーザー PARTⅡ・ヴェラドレイク

5/5

10:30起床。
ホルンで片付けをする。
13時に瀬川さんに迎えに来てもらい、小牛田のお宅へ。車中の会話で、富田さんが共通の知人であることが分かり驚く。
瀬川さん宅で「優しい音楽」セッション。ベースだけ録ってから、けん玉をドラム代わりにすればいいや...などとおかしな事をしているうちにリズムがずれていく。瀬川さんの即興ギター重ね録り。僕も1回だけ弾く。他にピアノ、ローズ、ハーモニカなど入れて歌録り。結局、けん玉ヴァージョンとは別に瀬川さんがちゃんとドラムを入れたヴァージョンも録ったので、ミックス違いで2ヴァージョン出来ることになった。瀬川さんはエンジニアとしてはたいへん仕事が早く、思いついたことを即座に対応して援助してくれるので、とても楽しい作業となった。
志賀さん、チナツさんとスタジオ階下で夕食し歓談。
22:30頃に録音作業終了し、チナツさんと一緒に瀬川さんに送ってもらう。ピーターパンのケーキの話など。
ホルンで降ろしてもらい自転車で帰宅。
メール連絡。
ナツと今日のお互いの話。充実した休日であった。

**********

5/6

10:30起床、早めに出勤。
チナツさんご来店、昨日の話。
千晶さんご来店、もう高山に住んでいるという。
本儀先生ご来店、レコーディングの話。
仕込み終え夕方早退け。
パルコレコード市、駅前TSUTAYA寄る。自転車パンク。
歩いてSEIYU経由で帰宅、ヘトヘトになる。
夕食準備、回鍋肉や味噌汁など作る。
ナツ帰宅、夕食。
瀬川さんに貸してもらった「ゴッドファーザー」を観る。豊穣な映像、完璧な脚本、最高の演技にたいへん感動する。

**********

5/7

10:30起床、徒歩で出勤。途中で自転車屋にパンク修理を依頼。
志賀さんご来店、先日のセッションの感想を聞く。
自転車引き取りに行き、家に忘れてきたホルンのしおりを取りに戻る。先日行って気になっていた、パルコレコ市でウィレム・ブロイカーのICP003を購入。業務スーパーで買い物しホルンに戻る。
夕方ナツ早退け。
大森さんご来店、今後の予定の話。
広瀬TSUTAYA寄り帰宅。
夕食。
メール連絡。
今日も瀬川コレクションの「ゴッドファーザー PARTⅡ」を観る。デ・ニーロの、とても初期とは思えない説得力に驚愕する。ラストは辛過ぎる!
ICP003を聴く。

**********

5/8

10時起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
今日は割と静か。
15時頃早退け、まんが喫茶でメール連絡を集中的に片付ける。
帰宅、中断していたテープダビング作業の続き。
瀬川さんから借りたスミスのDVDを観る。
タイトルだけが数日前から頭にあった、細馬さん用の歌詞「泣こうじゃないか」を書き上げて送信。
ゴーヤともやしと豚肉の炒め物作る。
ナツ帰宅、夕食。
細馬さんから超特急でデモが返って来て驚愕。しかも「こうなるんじゃないかな」と想像していた通りの曲調。天才だ!

**********

5/9

10:30起床、業務スーパー経由で出勤。
昨日以上に静か。
小池君ご来店、爆音カラオケの話など。
夕方ナツ早退け。
閉店後、前野一家がてれんこ搬入に来る。めぐたんは神妙な敬語を使うようになったが、ふと見るとビニテを何本も胴体に巻いて踊ったりして、まだまだ子供だ。
帰りは小雨。
帰宅、夕食。
メール連絡。
「ゴッドファーザー」DVDの監督コメンタリーを途中まで観る。全編、コッポラが一人で喋りまくっていて滅法面白い。

**********

5/10

10時過ぎ起床、早めに出勤し仕込みに打ち込む。
しかし今日も静か。
里ちゃんご来店。
夕方ナツ早退け。
帰宅、夕食。
「ゴッドファーザー」監督コメンタリーの続きを観る。1作目では無名の雇われ監督に過ぎなかったので、制約があまりに多く不満も残ったというが、それであの出来映えになるのだから恐ろしいものだ。
メール連絡。

**********

5/11

13時起床、慌てて出勤。
昼は相当忙しかったらしく反省する。
追加仕込みに励む。
夕方ひと段落し、ナツ火星へ。
里ちゃん、としお君らご来店。
ナツ戻り閉店、夕食とり先に帰宅。
メール連絡。
先日、ナツが長崎さんに教えてもらい、手始めに借りてみたマイク・リー監督の「ヴェラ・ドレイク」を観る。素晴らしい!これは大ヒット。最初から最後まで全く途切れない面白さに大興奮。
朝さんがtwitterで教えてくれたハンガリーのtrabantというバンドが素晴らしく、YouTubeで聴きまくる。「ニーチェの馬」などのタル・ベーラ映画で音楽を担当した人の80年代の仕事。

救命士・囚われのサーカス・アメリカンジゴロ・帰郷・グリニッチビレッジの青春

4/28

12時起床。
メール連絡、スタジオ予約など。
スコセッシの「救命士」を観る。シュレーダーの脚本はとても良く書けていると思うし、ニコラス・ケイジも面白いんだけど、いかんせん無駄に音楽を連発し過ぎている。
業務スーパー経由でホルンへ。しおり版下の仕上げ、カレー仕込みなど。
TSUTAYA寄り帰宅。
喫茶ホルンしおり50部作成。
テープダビング作業。
ナツ帰宅、もらいもので夕食。
アコースティック・ツアーのタイム計測が全て終了。
戸田君、梁瀬さんとツイッターで会話。

**********

4/29

11:30起床、ゆっくり出勤。
メディアテークでDVD返し、また借りる。いつの間にかニコラス・レイが増えている気がする。
椋尾夫妻ご来店。
森君ととしお君ご来店。
藤野君ご来店、レコーディングの話。
ナツ夕方早退け。
夜、創一君ご来店。ばるぼら・赤田祐一の雑誌の本を見せてもらう。壮観。映画の話、コステスの話など。
帰宅、夕食。
ポール・シュレイダー監督「囚われのサーカス」を観る。これは凄い。最高傑作なんじゃないだろうか。

**********

4/30

空き巣にあう夢を見る。虚無感。
10時過ぎ起床、小雨のなか出勤。
若生さんとみとむ君ご来店、入籍報告の絵はがきをもらう。
金田一さんがドヨンさんを連れてご来店。10ミニッツの話。
仕込み終わり夕方早退け。
広瀬TSUTAYA寄り帰宅。
ポール・シュレイダー監督「アメリカン・ジゴロ」を観る。あまりにも有名だし、興味を惹かれない題材だと思って観ていなかったが、「白い刻印」「囚われのサーカス」を経た今となっては、これもなかなか奇妙な味わいがある。若干クローネンバーグっぽいところも。
テープダビング作業。

**********

5/1

14時前に目が覚めて出勤。
ホルンに着いてすぐに外はどしゃ降りとなる。
昼はムチャクチャ静か。
夕方ナツはピーターパンへ。
志賀さん2度ご来店。
閉店少し前に金田一さんご来店。10ミニッツの日程の相談をする。中島由夫さんがターンアラウンドで個展やパフォーマンスをしに来仙するという。
店で夕食、広瀬TSUTAYAに寄り帰宅。
ナツも間もなく帰宅。長崎さんが僕の内面を喝破していた話。
メール連絡。
取り寄せを頼んだハル・アシュビー監督「帰郷」を観る。こういう名作は店頭に常備しておくべきだと思う。アシュビーは全部観たいなあ。

**********

5/2

9:30起床、業務スーパー経由で出勤、早めの仕込み。
昼過ぎに一旦店を抜けて地下鉄で旭が丘へ。青文で支払いし、再び戻って市民会館でも支払いをする。
店に戻って追加仕込み。
夕方早退けし、フリーダムでしおりをコピー。ついでにBOOK OFFでパンフを漁る。豊漁。
SEIYUで夕食の買い物し帰宅。
テープダビング作業。
買ってきたパンフを眺める。「愛、アムール」また観たくなってきた。
サラダうどん作る。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡、twitterでのやりとりで3時過ぎまで励む。

**********

5/3

11時過ぎ起床、出勤。
久美子さんとめぐたんご来店。
ハヤケンご来店、よしぎのライヴのための練習日を決める。
戸田君ご来店、TGの帯とジャケのデザインの関係の話など。
ナツ夕方早退け。
森君ととしお君、北野君らご来店。
帰宅、夕食は親子丼。
やはり取り寄せしたポール・マザースキー監督「グリニッチ・ビレッジの青春」を観る。これも店頭に置いていないのは明らかにオカシイ逸品。旧作でも複数枚ストックされているDVDは多いから、決して棚にスペースが無いわけじゃないと思うんだけど...。
メール連絡。

**********

5/4

11時前に起床、出勤。
今日はお客さん切れ目なし。
金田一さんから電話あり、10ミニッツの話。
小柳が旦那さんとひょっこり現れる。GWで旅行中とのこと。たいへん仲睦まじそうだ。
大森さん、かさこさんらご来店。
あゆ子と小野君ご来店。
志賀さんご来店、明日の待ち合わせなど。
閉店後、あゆ子,小野君、相原君、創一君、卓さんと遅くまで歓談。
帰宅後、メール連絡などして就寝。

白い花びら・ペーパーボーイ 真夏の引力・ニコラス・ケイジのウェザーマン・白い刻印・哀しみの街かど・マイライフ、マイファミリー・いいえ、とんでもございません・放浪記

4/21

10時起床。
メール連絡や工藤ディスコ作業など、パソコンいじりに徹する。
ナツ起きて、昼食にラーメンを一緒に食べたら、なんだかフラフラしてきて少し寝る。
小雨のなか業務スーパー経由でホルンへ。片付け、仕込みなど。
帰りにVol.1に寄り、鈴木さんに藤本さんの秘蔵テープを託す。
TSUTAYA、EBeansなど見て回る。
21時前に帰宅。
ナツが斉藤さんからラメールのおさがりを貰ってくる。
スパ作り夕食。
メール連絡。
カウリスマキ「白い花びら」を観る。これでカウリスマキの長編劇映画は全て観たことになる。

**********

4/22

10:30起床、出勤。
ナツが映画を観に行っており昼は一人、しかし静か。
14時過ぎナツ一旦戻る。
仕込み終了。
ナツ火星へ、てれんこの搬出に行く。
先日落札した、「ホワイト・ミュージック」の日本盤初回CDが届く。
夕方早退け。各種支払い、ダイエーで夕食の買い物などして帰宅。
リー・ダニエルズ監督「ペーパーボーイ 真夏の引力」を観る。嫌な予感はしていたが、やっぱりニコール・キッドマンの演じるビッチはどうも好きになれない。
夕飯準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
ゴア・ヴァービンスキー監督「ニコラス・ケイジのウェザーマン」を観る。あまり期待していなかったが、ラストまで飽きることなく楽しく鑑賞。人間的に成長しない系というジャンルの発見。

**********

4/23

13時に目が覚めて慌てて出勤。
瀬川さんと志賀さんがご来店。研究発表会、小牛田セッションの話など。
今日も非常に静か。ゆっくりと仕込みに精を出す。
志賀さん再びご来店、青森のまとめ冊子を拝受。
夕方ナツ早退け。
帰宅、夕食。
メール連絡。
ポール・シュレーダー監督「白い刻印」を観る。昨日の「ウェザーマン」にちょっと似たところがあり、これもやはり「人間的に成長しない系」だった。シュレーダーは改めて、放置していた作品をいろいろ観てみたくなった。

**********

4/24

12時前に目が覚めて慌てて出勤。
今日の昼は賑わった。
仕込み終え、夕方早退け。
広瀬TSUTAYA、ダイエーに寄り帰宅。
ジェリー・シャッツバーグ監督「哀しみの街かど」を観る。アル・パチーノの映画デビュー作だが、既に大物感がある。
宣伝強化のための「喫茶ホルンしおり」の製作を開始。
ナツ帰宅、夕食。
しおり作成に勤しむ。
タマラ・ジェンキンス監督「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」を観る。フィリップ・シーモアが出ているというだけの理由でまったく内容を知らずに借りたが、偶然にも家族ものが3本続いた。

**********

4/25

またもや12時まで寝てしまう、慌てて出勤。
健一さん、純子さんらご来店。
ハクションさんからテープの小包が届く。
夕方ナツ早退け。
高橋君、森君、としお君ご来店。
帰宅、夕食。
しおり作業の続き。
ハクションさんの秘蔵テープのダビング作業と並行して、手持ちの音源との聴き比べに夢中になる。

**********

4/26

10時起床、業務スーパー、サトー商会経由で出勤。
連休初日だが思わぬ静けさ。余裕で連続仕込み。
夕方早退け、LABIに寄ってケーブル買い帰宅。
テープのダビング作業。USアコースティック・ツアーの情報を改めて整理する。
ナツ帰宅、夕食。
アコースティック・ツアーのタイム計測に勤しむ。
ヤフオクでついにナイマンの1st帯付きストック・コピーを発見し燃える。

**********

4/27

10時半起床、出勤。
富田さんから、倉地さんの新譜のサンプルが届く。
しおり版下作り。
開店後、昨日が嘘のような忙しさ。
森君ととしお君ご来店。
帰宅後、倉地さんの新譜を聴く。もちろん倉地さんの歌詞や曲、パフォーマンスも壮絶だが、波多野さんの仕事ぶりがとにかく素晴らしい。この組み合わせは魅力。
夕食後、成瀬巳喜男「放浪記」を観る。高峰秀子が酔っぱらった演技の時の顔があつし君に酷似しているという発見あり。
アコースティック・ツアーのタイム計測。
無性にデヴィッド・ボウイーの病気みたいな歌い方が聴きたくなって"Hunky Dory"を聴く。

真夜中の虹・㊙色情めす市場・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版序章 真説四谷怪談 お岩の呪い・ある精肉店の話・おかあさん・バースデイガール・脳内ニューヨーク・What If I Never Speed?・鴛鴦歌合戦

4/14

11時起床。
ナツと出かけてざいとぅーんに行ってみるが、残念ながら休み。ヒマラヤまで足を伸ばし、ポーク・マサラとアル・マッシュルーム。美味い!
ホルンで珈琲飲んで休憩。TSUTAYAに寄って先に帰る。
カウリスマキ「真夜中の虹」を観る。ずいぶん前に観て曖昧だった記憶の細部が蘇る。
メール連絡。
ナツ帰宅、うどん作り夕食。
ゆっくり入浴。
「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」鑑賞2回目。これほんとに凄いなあ。

**********

4/15

12時まで寝てしまい慌てて出勤。
藤野君ご来店、京都の話。
仕込みに精を出す。
大森さんご来店。
夕方早退け、散髪して19時過ぎ帰宅。
田中登監督「㊙色情めす市場」を観る。こういうのを中学とか高校の頃に観ていたら、今ごろもっと違った趣味だったかもしれない。なんか終始呆然としてしまったなあ。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
白石晃士監督のOV「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 真説・四谷怪談 お岩の呪い」を観る。襖が飛ぶシーン最高。いまホラーで面白いと思うのは白石監督だけかもしれない。
メール連絡。

**********

4/16

10:30起床、出勤。
今日はナツが風邪気味。
椋尾さんご来店、ワンダフルオファーあり。
夕方一時店を抜けてフォーラムへ。里ちゃんお勧めの、纐纈あや監督「ある精肉店の話」を観る。直販のくだりが意外に短かったのが少々惜しかったが、太鼓作りや祭りの場面がとても良く撮れているし、水平社にも言及しているところに強い肝を感じる。
店に戻り、入れ替わりでナツ早退け。
としお君ご来店。
帰宅、夕食。
メール連絡、yumbo関係の作業。
ナツ早めに就寝。
成瀬巳喜男「おかあさん」を観る。
2〜3回、長い揺れあり。

**********

4/17

11時起床、出勤。
大典さんご来店。
玄さんご来店、長い映画の話、テリーさんの話など。
"Skylarking"のApe版リマスターCDが届く。「極性エラーを補修」したヴァージョンだというが、全く意味が分からない。Apeで出ていたアナログと同内容のようなので、高騰してしまったあのLPの代わりだと思えばいいか。
夕方ナツ早退け。
卓さんご来店、軽く「シブヤくん」ジャケ写真の打ち合わせし、プリントお借りする。
藤野君ご来店。
TSUTAYA寄り帰宅、夕食。
リマスター版の"Skylarking"を聴く。"1000 Umbrellas"のトラック分けのタイミングが唯一の聴きどころかもしれない。
ジェズ・バターワース監督「バースデイ・ガール」を観る。もっとおどろおどろしい映画かと思っていたが、むしろコミカルなミステリーという感じで、ニコール・キッドマンの微妙なおかしさが生かされている。キャストと役柄の国籍が全員ムチャクチャだけど。

**********

4/18

11時過ぎ起床、ゆっくり出勤。
瀬戸さん、久美子さんご来店。
14時頃中抜けして一旦帰宅、IGLOO作業に勤しむ。
チャーリー・カウフマン監督「脳内ニューヨーク」を観る。想像していたよりもずっと鬱々とした物語。非常に新しい何かだと思う。
ホルン戻り仕込み。
森君ご来店、青年団チケットの説明を受ける。
閉店後、ナツ先に帰る。
健一さんと久美子さんが来て、てれんこの古書を搬入。23時終了し帰宅。
夕食はカレー。
メール連絡。

**********

4/19

10:30起床、出勤。
工藤さんのKAYAレーベルからの第二弾"What If I Never Speed?"が届いていた。大音量で聴く。
ナツはてれんこ搬入の後、アートインクルージョンのどんどこ市に寄って高揚して来る。
皆木君ご来店、ようやく約束の品を渡せた。
局地的に忙しくなるが夕方以降は静か。
藤野君ご来店、京都ツアーの話など。
ナツ早退け。
帰宅、夕食。
ハチクマの爪を切る。
メール連絡の嵐。
マキノ正博監督「鴛鴦歌合戦」に笑い泣きしつつ、深い感銘を受ける。

**********

4/20

10:30起床、出勤。
せわしない一日。
瀬戸さん、里ちゃん、須貝さんらご来店。
ナツはてれんこ打ち上げ用の料理に励む。
閉店後、火星へ。ナツの企画による、てれんこ打ち上げ兼研究発表会が開催される。
板垣さん夫妻、長崎さん、ひろこさん、卓さん、大友さん、里ちゃん、創一君、相原君、チナツさんらが集まる。
最初は板垣さんの釣りの話。「魚信」「磯分け」などの専門用語の解説が楽しく、つげ忠男の漫画の読後感に近いものが味わえる鄙びたエピソードの数々に感銘を受ける。
続く卓さんの相撲の話は、サカホコへの極私的な思いを通して哲学的な境地に至る感動巨編。これも大いに沁みる。
ひろこさんの日本の伝統芸能の話は、歌舞伎の公演における「大向こう」の話が面白かった。素人なんだけどプロの領域に関与している不可思議な存在。
大友さんの自転車の話は、西部講堂など各地で繰り広げられているオブスキュアな自転車愛好者たちのイベントの世界を紹介してくれる。手作りのパンフなどの資料も楽しい。
トリは長崎さんの占いの話。ワンマンドッグが名盤だと見抜いた和田さんの話、持参したジャケを参照しながらの、フランス・ギャルやビートルズの前髪、夫婦の鼻の形の話など、どれも素晴らしく面白い。仙台に住み始めて20年、ついに長崎さんと間近で接する機会に恵まれて感無量であった。
感動のうちに1時頃散会、帰宅して夜食を取り就寝。

2014年7月19日土曜日

おわらない物語 アビバの場合・ウェルカムドールハウス・ビューティフルニューベイエリアプロジェクト・ダークホース・ストーリーテリング・愛しのタチアナ・レニングラードカウボーイズゴーアメリカ・レニングラードカウボーイズ、モーゼに会う・ある貴婦人の肖像・カラマリユニオン・夜の人々・罪と罰 白夜のラスコリーニコフ・ハムレットゴーズビジネス・山の音

4/7

11:30起床。メール連絡。
トッド・ソロンズ監督「おわらない物語 アビバの場合」を観る。奇特な映画ではあるが、非常に丁寧に撮られていて飽きさせない。歌とダンスのシーンが生々しい。
昼食。
ホルン行き片付け、掃除など18時まで作業。
TSUTAYA、EBeansレコ市に寄り、20時過ぎ帰宅。ちょうどナツも帰ってくる。
もやしときぬさやのスープ、さば塩焼き、エビチリ作り夕食。
メール連絡。
トッド・ソロンズ監督「ウェルカム・ドールハウス」を観る。最も期待していた1本だが、描写が重過ぎるのかナツには不評。荒削りな良さがある半面、映画として捨ててしまっている部分も多々あると思う。真面目な人なんだろうなあ。
7ep用のCDの内容に追加あり、再構成を検討するため、寝ながら通して聴いてみる。

**********

4/8

11時起床、業務スーパー経由で出勤。
甲斐さん、小川さん、若生さん、薄田さんらご来店。
ツアー関係のメール連絡。
夕方、ナツは久美子さんと食事へ行く約束あり早退け。
としお君ご来店。
閉店後、店で夕食とりつつYouTubeで黒沢清の「ビューティフル・ニュー・ベイエリアプロジェクト」を観る。
帰宅。やはりメール連絡。ナツも帰宅。
トッド・ソロンズ監督「ダークホース」を観る。クリストファー・ウォーケンとミア・ファーローのインパクトが強過ぎて、メインの役者に意識が向かない...。
「ディレクティング・ザ・フィルム」を読んで寝る。

**********

4/9

10時起床、ゆっくり出勤。
健一さん、大典さんご来店。
成瀬本を読む。
静かな水曜。
夕方ナツは久美子さんとピーターパンへ。
TSUTAYAのカウリスマキ大量入荷を知りテンション上がる。
18時過ぎナツ戻り、入れ替わりで早退け。
広瀬TSUTAYAでさっそくカウリスマキをどしどし借りて帰宅。
夕食準備。
トッド・ソロンズ監督「ストーリーテリング」を観る。役者が大変そうだ。
ナツ帰宅、夕食。
weird-meddle閉店の報に呆然とする。
メール連絡に勤しむ。
カウリスマキ「愛しのタチアナ」を観る。予告篇だけで確実に名作だと予感していたが、想像以上の面白さ。終始感心しながら観てたけど、ラストがとりわけいいなあ。

**********

4/10

11時起床、ゆっくり出勤。
義父来店、布海苔もらう。
ナツ早退け。
若生さんとみとむさんご来店。
成瀬本読む。
としお君と森君ご来店。
帰宅、夕食。
カウリスマキ「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」を続けて観る。前者は何年も前に観たきりで、後者は観たつもりだったが記憶違いで、今回が初見だった。

**********

4/11

10時起床、業務スーパー、サトー商会経由で出勤。
必要な仕込み終え15時頃早退け。
帰宅し仮眠。
ジェーン・カンピオン監督「ある貴婦人の肖像」を観る。思っていたほど悪い映画ではないが、どうしても「ルイーズとケリー」や「エンジェル・アット・マイ・テーブル」にはっきりと残されていた、愛すべきカンピオン映画の印を見つけることはできなかった。「ピアノ・レッスン」以降、何かが急変したとしか思えない。
ナツ帰宅、夕食。
カウリスマキ「カラマリ・ユニオン」を観る。とても手の込んだ脚本をさらっと撮っていて凄いなあ。荒削りではあるけど、決して安っぽくないところがいい。

**********

4/12

あまり眠れず絶不調。
ナツに先に出勤してもらい、12時過ぎ出勤。
仕込み終えへろへろになって早退け。
帰宅してひたすら寝る。
ナツ帰宅、夕食。
ニコラス・レイ「夜の人々」を寝ながら観て癒される。

**********

4/13

9時起床。昨日よりは寝覚めが良いので早々に起きて出勤。
里ちゃんご来店。
15時過ぎ早退けし、夕食の買い物して帰宅。
カウリスマキ「罪と罰 白夜のラスコリーニコフ」を観る。マッティ・ペロンパー若い!
夕食準備。
カウリスマキ「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」を観る。最高に面白い。「過去のない男」に並んで好きな作品。
ナツ帰宅、夕食。
成瀬巳喜男「山の音」を観る。上原謙のサイボーグみたいな風貌を期待していたが、山村聰に完全に食われている。

2014年7月11日金曜日

心みだれて・ハピネス・娘妻母・メランコリア

3/31

11時起床、晴天。
メール連絡片付けて出かける。
家賃支払いし、ホルンで片付け・掃除など。
南町通りのヴェローチェで藤本さんを待つが、約束の時間から30分ぐらい経って現れた。どうしたのかと思ったら、同じ並びにもう一軒ヴェローチェがあって、そこに居たという。携帯を持たない者同士の待ち合わせは昭和のニオイがするな。
Vol.1へ行き鈴木さんに藤本さんを紹介したのち、近くのラーメン屋で昼食。
EBeansでレコ市やってるというので行ってみる。80年代の安い演歌みたいなジャケのレナード・コーエンの日本盤シングルや、激安に惹かれてニコール・キッドマンの「奥さまは魔女」DVDなど衝動買い。
別れる前にクロワッサンでお茶しつつ歓談。海外のレコード屋、XTCの映像、金田一さんの話など。
駅前で藤本さんと別れTSUTAYA、SEIYU寄って20時前に帰宅。
ホルンに居るナツに電話して夕食の相談。
「奥さまは魔女」特典盤を観る。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
マイク・ニコルズ「心みだれて」を観る。クレジットを観ていて、脚本がエフロンだと後で気付いた。ジャック・ニコルソンは普通の役の筈なのに、「シャイニング」っぽく見えてしまうパターンだった。

**********

4/1

11時前に起床、晴天。
森君、本儀先生らご来店。
買い物、仕込み。
山中評伝は出征のくだりに差しかかり、胸が締め付けられるようだ。
夕方早退け。
帰宅して5時間ほどで全ての必要なスコアを書く。さすがにベース5本分は大変だ。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
楽譜をスキャンしにセブンイレブンへ。
メール連絡。
「奥さまは魔女」再見。最高のおやつ映画だ。

**********

4/2

11時前に起床、今日も晴天。
久々に小濱君ご来店。
山中評伝読了。
夕方ナツ早退け。
みかささん、としお君らご来店。
TSUTAYA寄り帰宅。
夕食。
気になっていたトッド・ソロンズ監督「ハピネス」を観る。同じアパートの女性のくだりは怖いけどイイな。

**********

4/3

9時頃ひどい咳で目が覚める。
ラジオ聴きつつ二度寝、ナツ先に出勤。
12時起床、ゆっくり出勤。
瀬戸さんご来店。
仕込み終え夕方早退け。
夕食の買い物し帰宅、帰りは雨。
アレンジ作業の残りを必死で仕上げる。
「東京ニュー・ウェイヴ'79」を聴く。ボルシー最高。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
楽譜をスキャンしにセブンへ行く。
越川さんから電話あり、初めてお話する。ワンダフルオファーだが、まだどうなるか分からない。
成瀬巳喜男「娘・妻・母」を観る。

**********

4/4

10時起床、頑張って仕込みするが静かな日。
メディアテークのライブラリーで「成瀬巳喜男と映画の中の女優たち」など借りる。
夕方早退け。
あゆ子、相原君と今日の待ち合わせについて電話連絡。
ラース・フォン・トリアー「メランコリア」を観る。物凄く緩慢なのに、オープニングからただ事ではない感じが充満していて、ラストまで退屈せずに観られる稀有な映画だった。
21時過ぎあゆ子来て、機材積み火星へ。
ナツ、濱田さん、相原君、芦田君、皆木君、神田君と合流し、明日のリハを0時過ぎまで行う。
再びあゆ子に送ってもらい帰宅。
今更だがOctet Melancholiaという名前を思いつき、明日はそう名乗ることにする。

**********

4/5

10時過ぎ起床、今日も晴天だが風が冷たい。
薄田さんと純子さんご来店。
としお君ご来店。
なかなか忙しい一日。
18時モーツァルトへ。皆さんと合流。
リハしてすぐに開場となる。
Octet Melancholia本番、ベース5本の響きがどう聴こえるかがポイントだったが、僕が思うマイルドな音には近かったと思う。何より皆さんの集中力が素晴らしい。それにしても、モーツァルトでピアノを使わずに演奏したのは初めてだった。
ショピン本番、さすがのプロフェッショナルな演奏で、場の空気がシャッキリする。yumboが3回生まれ変わってもあんな音は出せないだろう。アンコール「ビーフストロガノフ」はかなりビックリした。
終了後、ナツ、あゆ子は帰宅し、Octet Melancholiaの残りの皆やますみさんで国分町の焼肉屋に移動し食事。僕がトマトジュースを頼んで飲んでいたら、神田君が「澁谷さんトマトジュース好きなんですか?この近くに僕の職場があって、冷蔵庫にムチャクチャうまいトマトジュースがあるから、後で差し上げますよ!」と言われる。焼肉屋を出て隠空に行く途中、神田君が「ここ職場なんで、ちょっと取って来ます!」と走って行ったのでビルの前で待っていたら、ほどなくしてトマトジュースの壜を持った神田君が全速力で飛び出してきて、声をかける間もなく突っ走って行ってしまったので慌てて追いかける。
隠空のショピン打ち上げに芦田君、神田君とちょっとだけ顔を出す。かさこさん、大森さん、瀬戸さんはおろか、ショピンの皆さんも鬼火ちゃんブローチを着けていたのは衝撃だった。
1時過ぎ皆と別れ帰宅。
神田君がくれたトマトジュースは、上質のトマトピューレを飲むような濃厚な味わいだった。
今日の録音を編集しつつ聴き返す。

**********

4/6

11時起床、即出勤。
薄田さんと純子さんご来店。
大森さん、としお君ご来店。
今日もなかなか忙しい。
閉店後、久美子さん、創一君、相原君来て歓談。
テリーさんの店名会議で盛り上がって(馬小屋、ぽてとちっぷ探検隊、ニャンニャン戦争など案が出る)3時散会。
帰宅して即寝。

狼たちの午後・ジョーブラックをよろしく・恋のためらい・情熱のピアニズム・スカーフェイス・ポルトガル、ここに誕生す・ボディスナッチャーズ・大地の子守歌・ギター弾きの恋・King for a Day

3/24

14時起床、暖かい。
ナツ作の幅広うどんで昼食。美味い!
シドニー・ルメット監督「狼たちの午後」を観る。アル・パチーノが痛々しくて可愛い。
夕方出て駅前TSUTAYAに寄りホルンへ。片付け、掃除、仕込みに精を出す。
22時作業終わり帰宅。
夕食。
アル・パチーノの「アクターズスタジオ」を観る。
oono yuuki〜Joseph Spenceを聴く。

**********

3/25

10時過ぎ起床、業務スーパー、サトー商会経由で出勤。
若生さんとミトムさんご来店、成瀬の話で盛り上がる。
連続仕込み終わり、15時過ぎ早退け。
マーティン・ブレスト監督「ジョー・ブラックをよろしく」を観る。無論「セント・オブ・ウーマン」には及ばないが、「ミッドナイト・ラン」程度には面白い。途中、出てきた役者が「何処かで観た顔だなあ」と思ったら、「逆転人生」のジェフリー・タンバーだった。それもかなりハートウォーミングな役。
苦心して仕上げた仕事が一瞬にしてパーになりうちひしがれる。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。久々のホッケ。
ゲイリー・マーシャル監督「恋のためらい フランキーとジョニー」を観る。もう90年代に入っているが、まだまだパチーノは若々しい。
メール連絡。

**********

3/26

11時起床、慌てて出勤。
本儀先生ご来店。
今日もかなり静か。
夕方ナツ早退け。
メール連絡。
帰り道は雨。
帰宅、夕食。
XTC会の準備作業に精を出す。
マイケル・ラドフォード監督「情熱のピアニズム」を観る。

**********

3/27

11時過ぎ起床、ゆっくり出勤。
山中評伝読む。
久美子さんとめぐたん、若生さん、大典さんらご来店。
16時前に早退け。
XTC会準備作業。
ブライアン・デ・パルマ監督「スカーフェイス」を観る。これもミシェル・ファイファーが出ている。最高とは言えないが、チェーンソーのシーンなどはうまいものだ。
森君から、頼んでいた件で電話。
入浴、グリーンカレーとサラダ作る。
たまっている日記を清書。
ナツ帰宅、夕食。
オムニバス「ポルトガル、ここに誕生す」を観る。まず出だしのカウリスマキが、自分たちの生活と重なって泣き笑い。エッセンスが凝縮されていて素晴らしいと思う。ペドロ・コスタは「ヴァンダの部屋」しか観ていないけど、これも面白い。ウィーラーセタクン的な変な感触がある。エリセは意表を突く形式で、目が離せなくなる。志賀さんの「遺影」に近いものを感じる。ラストのオリヴェイラは短過ぎる。もっと観ていたかった。
XTC会準備作業、メール連絡。

**********

3/28

7時頃喉の痛みで目が覚める。ついに風邪か?
10時起床、業務スーパー、サトー商会経由で出勤。
不調ながら連続仕込み何とか終える。
本儀先生ご来店。
マニさんの来仙に同行中の悦子さんがご来店。再会を喜び合い、写真撮りまくる。
小熊さんご来店。
夕方早退け。
帰宅、小一時間ほど寝る。
寝ながらアベル・フェラーラ「ボディ・スナッチャーズ」を観る。ガブリエル・アンウォー目当てで観たので、文句は言うまい。
夕食準備。
寝ながら、藤野君が貸してくれた増村保造「大地の子守歌」を観て、底知れない感動にうち震える。原田美枝子って天才かもしれない。
ナツ帰宅、夕食。めぐたん作のたこ焼きも頂く。
寝室にこもりFM聴きつつ静養。

**********

3/29

11時前に起床、今日も不調。
ひたすら仕込み。
本儀先生ご来店。
仕込み終え夕方早退け。
XTC会準備大詰め。
仮眠。
ウディ・アレン「ギター弾きの恋」を観る。サマンサ・モートンが素晴らしい。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
ナツに観せたくて「大地の子守歌」を再見。お頼みじゃ〜!

**********

3/30

10時過ぎ起床、雨。
山中評伝読む。
夕方藤本さん到着。再会を喜び合う。
夜は藤本さん企画によるXTCファンの集いを開催。意外にも参加者の知り合いは瀬川さんと濱田さんだけで、twitterを通じて知り合った東京、横浜、仙台のXTCファンに集まってもらえた。僕と藤本さん入魂の選曲をひたすら再生しつつ歓談。やはりハイライトは藤本さんの真骨頂ともいえる"Are You Receiving Me?"や"Nigel"、"King for a Day"のヴァージョン違い千本ノックだろう。本当はもっとクラブなどの賑やかで明るい場所で、景気よくやるべきなのかもしれないが、何しろ主催が僕と藤本さんだから、あんな超オタクなムードに支配されてしまったが、皆さん明るい笑顔で帰られたので、大丈夫だった、と思いたい。僕はもちろん楽しかったけど。
2時頃散会。
3時過ぎ帰宅、反省会。

2014年7月10日木曜日

イノセントガーデン・インベージョン・ブレイクアウト・セントオブウーマン・悪徳・その土曜日、7時58分・カポーティ・女が階段を上る時・HELL・ジーリ

3/17

11:30起床、快晴。
パク・チャヌク監督「イノセント・ガーデン」を観る。印象が薄い。
ナツ10-BOXへすんぷちょを観に行く。
15時過ぎホルンに行き片付け。
藤本さんから小包届く。XTCを聴きながら作業。
業務スーパー、SEIYU寄り帰宅。
メール連絡。
ナツ帰宅、スパ作り夕食。
「ドッグヴィル」再見。いやーほんとに面白い。

**********

3/18

10:30起床、業務スーパー経由で出勤。
非常に静か、知らないうちに雨も降っていた。
仕込み終え14時過ぎに早退け。
yutoricoで純子さんの展示を見る。花札の模写は笑った。
夕食の買い物して帰宅。
金曜のライヴの選曲と練習。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督「インベージョン」を観る。要するにボディスナッチャーだがキッドマンの緊迫度が高くなかなか面白い。
入浴。
やはりキッドマン主演で打ち捨てられていたジョエル・シュマッカー監督「ブレイクアウト」を観る。しかもニコラス・ケイジ共演なのに、このB級感はどうだろう。前半の不快感は「ファニーゲーム」的だが...。
自主練習し、夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
マーティン・ブレスト監督「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」を観る。マーティン・ブレストなんてバカにしてたけど、これはあり得ないほどの大傑作ではないか。アル・パチーノの全身から立ち上る哀しみと狂気。
メール連絡。

**********

3/19

フェスの打ち上げの夢をえんえん見て目が覚め、13時過ぎっぽいなと思ったが11時半だった。即出勤。
森君、伊藤哲さん、志津川のお父さんらご来店。
瀬川さんご来店、ワンダフルオファーあり。
夕方ナツ早退け。
しばらく振りで砂漠の高橋さんご来店。まさか来るとは思わないから、須藤さんかと思ってしまった。海外生活の話など聞く。
としお君、森君ご来店。
帰宅、夕食。
メール連絡。
アルドリッチ「悪徳」を観る。期待通り、ジャック・パランスが情けなくも色気があって手応え充分。悪役のロッド・スタイガーも最高(身を守るポーズには爆笑してしまった)。ついでに、このスタイガーのキャラが、「ツイン・ピークス」でリンチが演じた捜査官の元ネタではないかと思ったがどうかな。

**********

3/20

10時半起床、即出勤。
今日は雨で静か。
仕込み終え、13時台に早退け。
練習。
シドニー・ルメット監督「その土曜日、7時58分」を観る。フィリップ・シーモアが出ているという興味だけで観たが、ちょっと映像的に気合いが過剰かなあという気がして、最後まで乗り切れなかった。
また練習。
ベネット・ミラー監督「カポーティ」を観る。映画としてはそれほど夢中にはなれなかったが、このフィリップ・シーモアは体を張っていて美しいと思う。
しつこく練習、夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
成瀬巳喜男「女が階段を上る時」を観る。仲代達矢が情けなくてイイ。加東大介も素晴らしいが、やっぱりこういう役なのか...。

**********

3/21

11時過ぎ起床、即出勤。
昼は静かで、山中評伝やふちふな新聞を読んでいたが、麓さん・oonoさん・田中さんが来て賑やかになる。
夕方カフェ・ド・ルシールへ。皆さんと合流しリハ。
瀬戸さん、大森さん、かさこさんらご来場。
最初にKenichi Wagaさん。誰にも真似できない音楽をやっていると思う。
自分の本番では、麓さんが「鬼火」のコードの改良点をみごと喝破。
oonoさん本番。弾き語りを初めて聴く。独特で清冽なギターに耳を澄ませながら、もしもギターが弾けたなら、と思う。そしてつくづく、僕の曲ってどんくさいな、とも思う。
最後に麓さん本番。「HELL」が名曲。相変わらず麓さんの曲は、やり過ごすことのできない歌詞が満載だ。
終了後、萬寿山に移動。oonoさんの奥様、麓ファンのさやかさん、高橋さんも来て楽しく賑わう。麓さんに「死ぬのは怖くないですか」と訊かれて、反射的に「怖くないです」と答えたが、本当は怖い。
1時頃散会、TSUTAYA寄り帰宅。

**********

3/22

10時半起床。頭痛がする。
小野君ご来店、あゆ子の予定の話。
藤野君ご来店、金村修を教えてもらう。
18時早退け。
マーティン・ブレスト監督「ジーリ」を観る。やけに評判が悪いけれども、そういうのに限って観てみたら傑作だったりするんだよな〜と思いながら観てみたら、本当にゴミみたいな映画だった。存在自体が許されるべきではない映画である。目玉である筈の、クリストファー・ウォーケンやアル・パチーノの1シーンずつの出演が余計に悲しさを増長させているが、これらのシーンだけがこの映画の存在価値であるのも事実だ。ブレストはこれ以降映画を撮っていないようだが、どうしちゃったんだろう。
悲しみの入浴。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
口直しに「真夜中のパーティー」を再見。素晴らしい。そして二回目の方が泣ける。

**********

3/23

10時半起床。
睦子さんご来店、Seventh Codeの話。
山中評伝読む。
としお君ご来店。
閉店後、卓さん、藤野君、創一君、相原君来て歓談。満を持して「鑑賞界」の相談などで盛り上がる。
深夜に久美子さんも来る、3時頃まで歓談。
4時近くに帰宅、即就寝。

カースド・ダウト・毛皮のエロス・奥さまは魔女・大いなる陰謀・ミュージックオブハート・地獄でなぜ悪い・コールドマウンテン・母の眠り・インタープリター・真夜中のパーティー・ぽんこ祭り・アダプテーション

3/10

12:30起床、晴天。
起きて早々「ウェス・クレイヴン's カースド」を観る。ウェス・クレイヴンといえば「デッドリー・フレンド」を撮った偉人、ということでどんな映画をみせられても許す事にしているので、これも、許す。
ホルン行き片付け作業後、TSUTAYA、夕食の買い物し帰宅。
ナツ作のそばで昼食。
ジョン・パトリック・シャンリー監督「ダウト〜あるカトリック学校で〜」を観る。ストリープ再評価&フィリップ・シーモア追悼として借りてきたが、これはなかなかの拾い物だった。エイミー・アダムスも出ているので、フィリップ・シーモアと一緒のシーンでは「ザ・マスター」がオーバーラップして楽しい。しかし、最終的にはヴィオラ・デイヴィスに全て持って行かれた気もする。
ナツ出かける。
鍋作る。
ミリャン録音の編集。
メール連絡。
ナツ帰り夕食。
スティーヴン・シャインバーグ監督「毛皮のエロス」を観る。これを出演作に選ぶという事は、ニコール・キッドマンって実はムチャクチャ変な人なのかもしれない。ただ、どうしようもない駄作なのかというとそういうわけでもなく、天井の穴からニコール率いるフリークス集団がぞろぞろ降りてくる場面などはとてもいい。ただし、観た直後なのにラストがどうなったのか全然憶えていないのはなぜだろう。
日記を少し更新。

**********

3/11

10:30起床、即出勤。
今日はかなり静か。
大典さんご来店し励まされる。
仕込み終えて15:30早退け、SEIYU寄り帰宅。
ノーラ・エフロン監督「奥さまは魔女」を観る。100%期待していなかったが、カルト映画と考えればこれほど面白い映画も無いだろう。シャーリー・マクレーンやウィル・フェレルの過剰さも作品によく合っているし、キッドマン・フリークの気持ちもよく分かっていると思う。
ロバート・レッドフォード監督「大いなる陰謀」を観る。これはトム・クルーズとメリル・ストリープということで20%ぐらいは期待していたが、とても印象の薄い映画。相当な労力と金がかかっているように見受けられる。
ナツから、もうすぐ帰ると電話あり「陰謀」を中断して夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
「陰謀」を最後まで観る。
メール連絡。
「カースド」を観たあとでウェス・クレイヴンのwikipediaを眺めていて発見した、メリル・ストリープ主演の「ミュージック・オブ・ハート」を観る。これがクレイヴンの映画だというのが観終わっても解せないが、映画としては何も悪くない。ただ、出自が気になるだけで。

**********

3/12

11時起床、ゆっくり出勤。
小雨がしとしと降っており、今日も静か。
山中評伝読む。
ナツ夕方早退け。
薄田さんと純子さんご来店、開店3周年のお祝い頂く。
としお君ご来店。
TSUTAYA寄り帰宅。
夕食。
メール連絡。
園子温監督「地獄でなぜ悪い」を観る。「恋の罪」が「部屋」を反復しているように、これは「自転車吐息」の反復またはリメイクのように見える。

**********

3/13

12時過ぎ起床、暢気に電話すると混んでいるというので慌てて雨のなか出勤。
森君と玄哉さん、甲斐さんとチナツさんらご来店。
昼が終ると静かになる。
麓さんからツアーのフライヤーが届く。
仕込み終わり、夕方早退け。
アンソニー・ミンゲラ監督「コールド・マウンテン」を観る。ミンゲラというと「愛しい人が眠るまで」を相当前に観たが、あの地味なイギリス映画の監督が、いつの間にかアメリカでニコール・キッドマン主演で、こんなのを撮っていたんだなあ。チラッと出てくるフィリップ・シーモアがカッコイイ。
XTC会の選曲作業が大詰めに入る。
夕食準備。
ナツ帰宅、盛岡温麺というものを作り夕食。
メール連絡。
カール・フランクリン監督「母の眠り」を観る。ストリープ目当てで観たが、偶然にもレネー・ゼルウィガーも出ていた。苦手な筈の「余命いくばくもない」ものだが、「余命いくばくもない」のがストリープなら全然観られるし、面白いことが分かった。
松山など中心に地震速報あり驚く。工藤さんにメールしたが俳句など書いているので大丈夫だろう。

**********

3/14

10時過ぎ起床、急ぎの仕込みのため即出勤。
志賀さん、若生さん、藤野君、かさこさんらご来店。
一日中仕込み。
夜、ナツはてれんこ搬入へ。
帰宅、適当な夕食。
シドニー・ポラック監督「ザ・インタープリター」を観る。決して駄作ではないと思うけど、キッドマン主演作の中でも、ひときわ印象の薄い映画かもしれない。
ナツ1時前に帰宅。
メール連絡。

**********

3/15

11時起床、即出勤。
搬入された火星の本にエリック・シャーマンの「ディレクティング・ザ・フィルム」発見、購入しちょこちょこ読む。
静かなのか?と油断していたらなかなか忙しく有り難い一日。
小熊さんご来店、新しい回生を受け取り熟読。
藤野君ご来店、「真夜中のパーティー」のVHSを貸してくれた。期せずしてこれが観られるとは!
ナツ本格玉コンに挑戦。
夜、あゆ子ご来店。
20時頃ナツとあゆ子はポンコの読み合わせで森君の事務所へ。
閉店後夕食、TSUTAYAに寄り帰宅。
さっそく、貸してもらったフリードキン「真夜中のパーティー」を観る。舞台のキャスティングそのままの俳優陣も素晴らしいし、脚色も見事。これは想像通り、凄く、凄く好きな映画だ。VHSの解説は今野雄二だった。
ナツ1時頃帰宅。
メール連絡に勤しむ。
「ディレクティング〜」読んで寝る。

**********

3/16

11時起床、即出勤。
山中評伝読む。
ナツはポンコ準備で買い物に行ったり忘れ物を取りに帰ったりして多忙。
今日は16時半で閉店。
里ちゃん、卓さん、若生さん、瀬戸さん来て会場仕込み。
遅れてあゆ子、森君も合流。
「ぽんこ祭り」開催。お客さん詰めかけ盛況となる。桟敷席の最前列のお客さんの首の状態を終始気にしつつ、僕はカウンターの中から優雅にポンコ芝居を堪能させてもらう。どの作品も面白いが、やはり今日のハイライトは師匠人形による書道か。
終了後、皆で軽く現状復帰して打ち上げ。
0時過ぎ先に帰宅する。
スパイク・ジョーンズ監督「アダプテーション」を観る。ストリープ再評価が目的で観たが、ニコラス・ケイジものとしても秀逸。それにしても、この映画の「原作」が実在するのを後で知って心底驚いた。普通に映画化権を買ったのだろうか。
ナツ帰宅、今日の反省会。