2013年12月16日月曜日

マイバックページ・イルポスティーノ・天然コケッコー・その男狂棒に突き・不詳の人・道・ジャッキーコーガン・リアリズムの宿・ベルリン

10/21

12時過ぎ起床。
ナツ外出。
XTCをしばらく聴きまくりつつメール連絡。
山下敦弘監督「マイ・バック・ページ」を観る。川本三郎...。こんなのも撮ってるのか。
ナツ帰宅、夕食にグリーンカレー。
XTC情報整理したりしてダラダラ過ごす。ライヴ週間からの開放感がものすごいな。

**********

10/22

10時過ぎ起床。
薄田さんと純子さんご来店。
夜、ナツは火星へフラスコの武田百合子リーディングを観に行く。
帰宅後、ナツも間もなく帰宅、夕食。
XTC情報整理。

**********

10/23

10時過ぎ起床、霧雨。
薄田さんと純子さんご来店。デジャヴ。
16時頃早退け。
帰宅、メール連絡。
親子丼、里芋と、細馬さんから貰ったまつもで味噌汁作る。美味。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡、XTC情報整理。
皆木君は誤診されていたそうで、やはり骨折だったらしい。手術は無事終了とのこと。
船戸さんお勧めのマイケル・ラドフォード監督「イル・ポスティーノ」を観る。これも渋いなあ。「島の娘」というジャンルに属する映画だと思う。

**********

10/24

10時過ぎ起床、最近朝がつらい。
雨のなか出勤。
今日もかなり静か。
メール連絡ちょこちょこ書く。
一時店を抜けて、SARPへ若生さんの展示を観に行く。スペースのど真ん中に巨大なものが置いてあった。
ディスクノートに寄り店へ戻る。
夕方ナツ早退け。
再びメール連絡に勤しむ。
駅前のTSUTAYA経由で帰宅、夕食。
山下敦弘監督「天然コケッコー」を観る。中学生だの高校生の色恋沙汰には全く興味が持てないが、佐藤浩市が「顔」に近いキャラクターで出ていて、このお父さんの危うい存在が映画を平板さから救っている。とは言え、山下監督はやっぱりうまいなあと思う。最初の10分ぐらいで感心してしまう。

**********

10/25

早起きしようと9時のアラームで目が覚めるが、二度寝してナツ先に出勤、結果的に12時に起床し出勤。
今日も雨で非常に静か。
藤野君、大森さんご来店。
夕方早退け。
帰宅して里芋と大根葉の味噌汁を作る。
山下敦弘監督「その男狂棒に突き」を観る。一人、爆笑に次ぐ爆笑。
メール連絡。
ナツ23時過ぎ帰宅、夕食。
夜中に長い余震あり、その後4時頃まで眠れず。

**********

10/26

10:30起床、今日も雨。しつこいな...。
朝市経由で出勤。
藤野君ご来店。
ライブラリー、図書館へ。
夕方ナツ早退け。
森君、としお君ご来店。
帰りは雨が上がっていた。
TSUTAYA寄って帰宅、夕食。
ラディスラフ・スタレビッチ「映画カメラマンの復讐」「バッタと蟻」を観る。
昨日に続き、山下敦弘監督のフェイクドキュメンタリー「不詳の人」と「道」を観る。やはり死ぬほど笑う。特に「道」は面白すぎてもう一回観る。野嵜好美最高!

**********

10/27

快晴、12:30まで寝てしまう。
久々に夕方ぐらいまで忙しい。
18時前に早退け、SEIYU経由で帰宅。
ナツ帰宅、食卓に和洋中が並ぶ。
アンドリュー・ドミニク監督「ジャッキー・コーガン」を観る。ちょっと期待度が高過ぎた。
山下敦弘監督「リアリズムの宿」を観る。原作がほぼ無視されているのは全く気にならない。レストラン〜赤の他人の家に滞在のくだりが秀逸。尾野真千子っていうのもよく知らなかったけどいい役者だな。
メール連絡。
ルー・リード死去の報せ。死にそうだとは聞いていたけど、やはり大きな喪失感。「ベルリン」を聴く。
西村賢太「墓前生活」読み5時就寝。

0 件のコメント:

コメントを投稿