2012年10月29日月曜日

Gonwards・I Married Myself・サンタクロースをつかまえて・fledged・Peace・무키무키만만수・Live

10/23

11時頃起床。昨夜書いた楽譜を清書。
13時半、あゆ子に迎えに来てもらい機材を積んで出発。ホルンにプロジェクターを取りに寄ったら、ポストに"Gonwards"のボックスが入っていたので鞄に忍ばせておく。
14時過ぎHEAVEN入り。既に岸野さん、芦屋さん、スフィンクスさん、松前さん、Max Tundraさんが入っており、着々と準備が進む。手慣れたもので、何も手伝う事がない。
既に楽しいTundraさんのリハが終わって岸野さんたちのセッティングをしているところへスタッフの藤野君、若生さん到着。ヒゲの未亡人のリハを陶然と眺める。
16時メンバー集合、yumboのリハ。予想よりステージ密集する。
開場後、岸野さんより「場内BGMをカンタベリー系の何かに替えて欲しい」という指令あり。「たまたまですけど、鞄にPeter BlegvadとAndy Partridgeの新譜が入ってますよ」と言うと「それで行きましょう!」ということになる。家に帰ってから正座して聴くつもりでいたCDの音がHEAVENで解禁されてしまった。島さん、前野一家、森君としお君、純子さんと薄田さん、岩住君、戸田君ご夫妻、 睦子さんら錚々たる方々がご来場。
最初の松前さんソロのセッティング、こちら側に斜めに向けられたシンセが美しい。そして1曲目からとめどない夢の世界が広がり、心が小4ぐらいに戻って目がハートになってしまった。いつかEXPOのライヴも観たいなあ。
続いてyumbo本番。今回は瀬戸さんと大森さんを加えた8人編成。唄屋では実現できなかった編成なので気合いが入っていたが、気合い以前の問題で、スピーカーに深刻なアクシデントがあったということを後になって知る。本当なら全部やり直したいところだけどそうもいかない。
そして偉大なるヒゲの未亡人本番。全てがキラキラと輝いているステージを凝視しながら、かつてスターパインズで関さんと共に喜悦の涙を流した事や、避難した火星で創一君と出会い、岸野さんの話をした事などが走馬灯のように巡る。「I Married Myself」は感動と笑いで死にそうになる。
今日のラストはMax Tundra。マクラウドを多少シャキッとさせたような外見とキャラだが、繰り出す音楽は過剰なまでに屈託のないどポップだった。コード一つで心を掴む術を心得ている。
達人級の対バンに囲まれたものすごいイベントが終了。お客さんも楽しそうに帰って行って良かった良かった。目と鼻の先の萬寿山で打ち上げ。岸野さんの煙草に火をつけながら「これが人生のピークかもしれないなあ」などと思う。
帰宅したら2時だった。iPodで寝ながら"Gonwards"を聴こうと思っていたが、横になるなり疲れ果てて死ぬ。

**********

10/24

9:30起床し即出る。一旦ホルンへ行きDVDを持って出てTSUTAYAで返却、朝市で買い物して再びホルンへ、という面倒臭い事をする。
純子さんと薄田さんご来店。
ものすごく静かだな...と思って油断してマゼランで田島征彦の絵本やメカスのパンフを買い、高熊君と喋ったりして遊んでいたら、昼過ぎから忙しくなる。夕方以降は明日の不在に備えての連続仕込み。
「サンタクロースをつかまえて」のチラシにちよじ登場の報。
藤野君から電話あり、Sirafuさんとの連絡の件。
里ちゃんご来店。素敵な贈り物あり。
夜、ナツ早退け。
22時過ぎ帰宅して夕食。
3時頃床に就くが、興奮して眠れず。4:30ぐらいに観念してiPodで"Gonwards"を通して聴く。

**********

10/25

6時起床。眠ったのは正味2時間ぐらいだろうか。新幹線で「人間の約束」を聴いていたらいつの間にか眠っていて、夢の中で「ブレーメン」が流れる。11時前には新宿着。ユニオンへ直行するが、John Caleの新譜はまだ入ってきておらず、買うものなし。7インチの台紙をまとめ買いする。ユニオンを出て関さんと合流。ハイチへ行こうと言うが、「もう閉店してる筈だけど...」と行ってみたらやはり店が無くなっていたので、近くにたまたまあった「ボンベイ」で食事。ほんのり甘みのあるサグ・パニール。sekifuの「fledged」を100円で買う。999,900円借り。仕事の合間の時間が無いところを来てくれて感謝。煙草を吸ってポツポツと近況など話して別れる。何かを見落としている気がして再びユニオンへ。やはり買うものなし。ネットカフェで休憩後、西新宿VINYLへ。前に目をつけていたJohnny Japes and His Jesticlesのシングルを購入。これだけはネットで買うよりも安いし、状態も良い。新宿から大江戸線に乗り込んだら、駆け込み乗車をしようとした男性が盲人男性と激突しそうになりホームで派手に転倒。車内から見ていたが、モロに顔面を強打していたので「これはやばい!」と思ったが、やがて無言で起き上がり、静かに乗車して席に座った。シーンとする車内。
六本木へ移動。何年振りだろう。六本木ヒルズに掲示された、巨大なイーストウッドの広告にクラクラしつつTOHOへ。岩淵さん、向坪さん、麓さん、斉藤さんらと合流。
16:20より「サンタクロースをつかまえて」上映開始。再編集によってリズムも良くなり、非常に快適になった。何より整音が成功している。八木山教会の信者さんの「歌うことは3回祈ること」発言、おばさんの聖歌の暗唱、車内でのケーキのバウンド、麓さんの歌が流れるモンタージュなど、名場面も粒だっている。改めて観ると、この映画の中で僕だけが何だかネガティブな発言をしている。あのインタビューの直前まで、萬寿山で面白おかしくはしゃいでいたのに...。上映後、岩淵さん、麓さんと共に登壇させていただき、舞台挨拶と質疑応答。あまりに分不相応でガッチガチに緊張していたが、岩淵さんに話を振られるまま、調子に乗って出しゃばってしまったのではないかと反省する。会場外に芦田君が居り、「映画どうだった?」と訊いたら、チケットが売り切れていて入れなかったのだという。
一服してから、雑誌の取材のため新宿の東風へ移動。事務所にお邪魔するなり、大きな段ボールにギッシリ詰まった「演劇」のパンフが目に入り「うわーっ」と思うが、極力平静を装う。取材1本目は「ele-king」九龍ジョーさん、松村正人さんから取材を受ける。岩淵さんは終始謙虚で真面目に受け答えしていたが、僕は映画祭の緊張から解き放たれた事もあってか、萬寿山に居る時のようなモードに入ってしまい、「その場では楽しいけど多分記事としては使い物にならない」的な事ばかり喋ってしまった。
続いて「CDジャーナル」村尾泰郎さん、川上健太さんから取材を受ける。ここでもほぼ同じ事が繰り返されたが、1本目の反省を踏まえて、もっとしっかりしなくてはいけないと自覚していたので、多少はマシだったかもしれない。
終了後、岩淵さんと東風を辞して、近所で遊んでいた麓さん、芦田君、斉藤さんと合流。手近な中華屋で食事。疲れ切った岩淵さんと別れてジョナサンへ流れてコーヒー。ようやく完全にケの状態に戻ってホッとして、麓さんと楽しく交流。0:30まで話し込む。
皆と別れ、手配してもらったホテルへ。どさくさに紛れて向坪さんからいただいてしまった「演劇」パンフを少し読む。ロビーにPCがあったので、10分だけ使ってナツと連絡を取り合う。明日の仕込みの打ち合わせなど。

**********

10/26

疲れている筈なのになかなか寝付かれず、結局総合すると2時間ぐらいしか眠っていない気がする。
6時過ぎにチェックアウトして東京駅へ移動、新幹線で9:30ぐらいに仙台に戻る。朝市で買い物して出勤。
今月は決まって金曜が不調だったので油断していたが、今日はまさかの忙しさ。
昼過ぎに店が落ち着いてきて、ナツは「光に向かって咲け」を観に行く。
細谷さんご来店。밀양のDVDを受け取る。ビデオインタビューの話が出たので、ついに追い風が吹いてきた、などと話してみる。○○野郎Aチームで映像を観て気になっていた韓国の女子2人組について教えてもらう。バンド名は무키무키만만수。
森君ご来店。めでたい話。
ナツ戻るが、18時にはまたデモのため出かける。
名古屋や東京から来た方々がご来店。Ettと知り合いだという方が居た。
ナツ、里ちゃんと戻る。映画の話など。
帰宅後、藤野君がHEAVENに預けていたキーボードを届けてくれる。今度こそ、もう2度と運びたくない。
sekifu「fledged」を聴く。この素晴らしい楽曲集は、sekifuの魅力のほんの氷山の一角を切り取ったものに過ぎない。やはり、この度外れて規格外のバンドのマスターピースをプロデュースするのは困難なのだろうか。
向坪さんからどさくさに紛れていただいてしまったものPart 2、想田監督の「Peace」を観る。感動の嵐。ちょっとした事がひどく面白く見える。
YouTubeで무키무키만만수の動画を貪るように観る。ただの勢いや酔狂ではなく、Y Pantsなどにも通じるようなオブスキュアな感覚が備わっている。ネットでCDを探し、オーダーしてみる。

**********

10/27

予定より30分寝坊。
朝市経由で出勤。急いでダブル仕込み。
予想の5割増しの忙しさ。酷いミスを厨房内で連発し、精神状態悪化。
しかしながら、最大のミスをどうにかするためにナツから示唆されたことで生まれたエッグマサラのリニューアル版はめっけものだった。
多忙を乗り越え、夜、創一君、妙ちゃん、藤野君、ナツと歓談するという栄誉に与る。このメンツいいなあ。皆で旅行がしたい。
帰りにナツとMEALSに寄ってダブルエスプレッソ。東京でいかに自分が調子に乗っていたか、という事など話す。
帰宅後、12月の件でやりとり、「Peace」の特典映像を全て観る。ライムスター宇多丸さんの好感度アップ。
難しい人間関係の話。
2匹とも帰って来なくて心配していたが、3:30頃にちよじ帰宅。ハチクマは?

**********

10/28

今日も予定より30分寝坊。どうやら目覚ましのスヌーズ機能が解除されてしまっているらしい。起きたら炬燵の周りをハチクマがうろちょろしていた。
雲行きも怪しいし、今日こそ静かなんじゃないかと思っていたが、やはり5割増しの忙しさ。昼過ぎに久美子さんや南陀楼さんらがご来店。
徐々に静かな時間帯となり、外は本降りとなる。今日は買い物の用事が多く出たり入ったりする。本儀先生や田多さんらご来店。
カナダで大きな地震があったという報。藤本さんにtwitterで呼びかけてみる。
18時頃早退け。タワーに寄り、Randy Newmanの再発「ライヴ」と、ノーチェックだったAimee Mannの新譜 "Charmer"を購入。ポイントが一気にたまった。
Zoffでメガネのつるの調整をしてもらい、ジュンクでナツに頼まれたいましろたかし「原発幻魔大戦 首相官邸前デモ編」を購入。SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。
藤本さんからレスあり、地震は西海岸だったので家は全く揺れなかったとのこと。
レンコンのスープ、焼きがんも、かぼちゃの煮付けなど作る。ナツ帰宅し夕食。
Aimee Mannは前々作ぐらいから作風が膠着してきている気がするが、今回はなかなかいい曲があるし、この声はやっぱり強いと思う。
Randy Newman「ライヴ」は、分かってはいたけどとんでもない名作。
日記をまとめる作業をしていたら急激に眠くなり、1時ぐらいまで睡眠。起きてから「グエムル」DVDの特典映像を観たりして、再び日記の作業。

1 件のコメント:

  1. こちらこそ、歓談出来て光栄です。いつか旅回り一座を組みませう。

    返信削除