2012年9月23日日曜日

From Germ to Gem・恋の罪・焼紙

9/19

また出勤予定時間寸前に目が覚める。出勤予定時間を設定するのをやめよう。
お昼に伊藤さんご来店。伊藤さん以外は始めてのお客さんが多かった気がする。
15時過ぎ、今日は僕が早退け。J&Bに寄り、MMの'92年5月号を50円で購入。SEIYUで買い物をして帰宅。
速度はやけに遅いが、今日はネットが途切れることはなかった。
昨日届いていた"Dear God" UK12"を開ける。
午前中から小雨が降ったり止んだりしていたが、夜になって一時本降りとなる。
22時頃ナツ帰宅。冷やし中華を作る。
小西さんに長いメールを書く。
かえる目が「魔法が使えない」をライヴで披露したという情報。曲を提供して自分が演奏に参加しないという事は、プカプカの「テレビ」以来だ。
「怒り新党」をチラチラ見ながらXTC業務。ハチクマが珍しくびしょ濡れになって帰って来る。
アンディが"Gonwards"からの新しいPVをアップ。早く通して聴きたいものだ。

**********

9/20

10時起床、10時10分に出勤。
久々にレバーを仕入れたので、"Apple Venus Vol.1"を聴きつつ張り切って仕込む。
人形制作の仕事が佳境に入っているため、今日はナツが早めに早退。
田多さんご来店。自分が来月出演するイベントの事を教えてもらう。
八巻さんと森君ご来店。
かえる目の「魔法が使えない」は、録画も録音も残っているとのこと。早く聴いてみたい。
TIFFで上映される岩淵さんの映画が情報解禁となる。
最近落札したDuffyのCD "I Love My Friends"と、"Black Sea"の日本盤帯が届く。Duffyはともかく、"Black Sea"の、この黄緑の紙袋、紫の帯を眺めていると、何ともいえない感慨をおぼえてしまう。帯付きはまだ「気楽に行こうぜ」が残っているけど、個人史的には、コレクションにようやく一つの区切りがついた気がする。
夜は少しばかり忙しくなり、藤野君や森君が来てくれたけどカレーが終わっていて申し訳なかった。
帰宅して食事。返却が明日なので「恋の罪」を観る。「冷たい熱帯魚」のショックが強過ぎたので、むしろ園子温を警戒していたのだけど、「熱帯魚」同様、これも偶然予告編を観て「おおっ、面白そうだ!」と借りてしまった。そして当然のように面白かった。冨樫真という女優の悪魔のような怪演が突出して素晴らしいが、この人は後で調べたら仙台出身らしい。しかも「CURE」や「BROTHER」にも出ていた。また観直さないと。

**********

9/21

8:30に目覚ましで一度起きるが、猫と金魚に餌をあげてから、またバッタリと寝てしまった。ハチクマに何度も顔をパンチされるが起きられず。結局10時起床、小雨の降るなか即出勤。
金曜ということで昼はまずまずの忙しさ。
Martin NewellのCD "The Greatest Living Englishman"が届く。仙台に来たばかりの頃に新譜で買った記憶があるが、手放してからずいぶん聴いていない。
図書館で借りたイ・チャンドンの短編「焼紙」を途中まで読む。
18時頃、ナツは恒例のデモへ。20時頃戻り、前野親子ご来店。
閉店後、ナツとゴリラ食堂で食事。麻婆豆腐定食。
帰宅して図書館から借りたキム・ミヒョン編「韓国映画史」を読み始め、いつの間にか寝てしまった。

**********

9/22 

昨日は恐らく0時前には眠っていたようなので、今朝は寝覚めが良く9:30起床。
今日が秋分の日であることをすっかり忘れており、朝市へ行ってしまう。もちろん休み。
夕方ぐらいまで、割と切れ目なく忙しい土曜日。こういう日があると本当にホッとする。
先日落札した矢口博康 "Gastronomic" CDが届く。XTCのファンを30年以上やっているけど、これはまだ聴いたことがなかった。哲雄さんから、先日こちらから送ったCDRへの「お礼」として、自作のCDRが届く。
創一君、みかささんらご来店。
イ・チャンドンの「焼紙」を読了。非常に完成度の高い芝居を観ているような、そのまま面白い映画になりそうな、想像力を掻き立てられる一篇。これが収録されている「現代韓国短篇選 下」は他の作家のも面白そうだが、残念なのは、イ・チャンドンの単体の小説がまるで日本で出版されていない(少なくとも今は『オアシス』のみ)ことだ。
夜、以前にも来て下さった金子さんというお客さんから、畑で穫れた野菜をたくさん頂く。三尺ささげ、四角豆、イタリアンパセリなど、珍しいものが多い。
20時頃早退けし、SEIYUで買い物をして帰宅。
哲雄さんのCDRを聴く。2分弱の短いトラックが3曲だけ入っており、バンドなのか重ね録りなのか不明だが、すべてスリーピースで演奏されている。単音のシンプルなギターのリードが奏でるメロディーはいたって柔和だが、音色や演奏の荒々しさが音楽を特別なものにしている。
ナツ帰宅後、夕食にいんげんと三尺ささげとワカメの味噌汁、麻婆茄子(四角豆入り)を作る。
滞っていたメールの返信など書き、あとはひたすらXTC業務。もうちょっとで밀양の作業に腰を据えてかかれそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿