2012年7月12日木曜日

殺人の追憶・YEAR OF THE HORSE

7/10

家を出ようと思っていた時間に目が覚め焦る。朝市では浅香唯の「C-Girl」が何喰わぬ顔で流れていた。
今日は快晴で気温も高い。湿度も高いせいか、幾分バテてきた。クミンシードをバリバリ食べたりする。
19時頃、サラダうどんが食べたい、という事になり、僕が先に帰って作ることにする。SEIYUで買い物。家に帰ってから、うどんを買い忘れた事に気付く。ショック...。
ひとまず休もうと思いネットを見ていたら、Lol Coxhillの訃報を目にしてしまった。「Lol Coxhill&突然段ボール」、サボテンの「Let's Satie!」、The Promenadersなど、一生聴き続けるであろう名盤の数々にロルの音が入っている。
再びSEIYUへ。うどん購入。
ナツ帰宅、サラダうどん作る。
創一君に教えてもらった映画その2「殺人の追憶」を観る。ポン・ジュノは「母なる証明」しか観ていなくて、独特の情念の渦巻くムードと美しい映像がぼんやり印象に残っている程度だったが、「殺人への追憶」には陰湿な事件を巡って奔走する刑事たちの乾いたユーモアや、夢を見ているような不思議な展開のダイナミズムに惹き込まれる。これはかなり面白いな。
寝る前にThe PromenadersのLPを聴く。CDRに焼いて、明日店でかけよう。

**********

7/11

今日もなんだかギリギリに目が覚めた。どうもダメだな。
朝市経由で出勤。焦って仕込みをするのは本当に良くない。今後は死ぬまで絶対に焦って仕込みはしないと誓おう。
今日は静かなので、メディアテークの音響ライブラリーでポン・ジュノのDVDやニール・ヤングのVHSなど借りる。
16時過ぎナツ先に帰る。夜は森君、としお君ご来店。
帰りにSEIYUで買い物をしてたら、「あれ?この曲、このまえ新宿のユニオンで聴いたな」と思い、よーく聴いたらWeekendだった。なぜ?!
帰宅後、新発見のXTC音源を聴き、おののく。
今日借りたジャームッシュの「YEAR OF THE HORSE」を観る。前に観たのが10年ぐらい前なので、ほとんど内容を忘れていたが、ニール・ヤングがこんなにも凄まじいギタリストだったということも忘れていた。

1 件のコメント: