2012年7月21日土曜日

ナッシュビル・インフルエンザ・ツールボックスマーダー

7/18

10時台に叩き起こされる。すんなり起きられる日とそうでない日のムラがあるな。
今日は静かな水曜日。ユリイカのタランティーノやイーストウッド特集号を読む。
途中抜けて駅前で散髪。生まれ変わった。
今日届いたARLTのCD「顔に撃て」を繰り返し聴く。
夜になって濱田さん、ISHINNさんご来店。ケンジさんと映画の話になる。レンタルビデオ屋店員経験者って多いんだなあ。
帰宅後、もう一人のRV経験者・創一君お勧めの「ナッシュビル」を観る。ものすごくウザいキャラクターがちょいちょい出てくるのでどうしようかと思ったが、全編音楽が素晴らしく、気付いたら夢中になっていた。マジック!

**********

7/19

出勤予定時間の10分前に起床。
朝市のサトー商会へストローを買いに寄るが、思っていたより細くて短いやつか、思っていたより長くて派手なやつしかなく、数分間途方に暮れる。
今日も静かな平日。両替ついでに八幡のTSUTAYAへ返却しに行き、ナツに頼まれたオランジュールのシュークリームを買う。ケーキ屋って滅多に入らないので、変な緊張を味わう。
店に戻る途中で「トライ」の前を通りがかり、立て看のメニューを熟読して一旦店に戻ったが、やはり気になるので「トライ」で昼食。バジリコスパ。狭くて家庭的な暖かみのある店。喫茶店というよりはダイニングという感じ。
今日はナツが先に帰宅。
閉店後、駅前のTSUTAYAに寄る。ポン・ジュノの残滓を漁る。
帰宅後、借りてきた「TOKYO!」を観ようとするも、最初のゴンドリーのエピソードの途中で再生出来なくなる。傷のある不良盤。しょうがないので「三人三色」を観る。ポン・ジュノの「インフルエンザ」、期待を裏切らない面白さ。コ・スヒの豪快な怪演を堪能する。ユー・リクウァイのエピソードはダンスホールで流れる音楽が秀逸。石井聰亙のエピソードは町田康が秀逸。

**********
 
7/20
 
出勤予定時間の10分前に起床。その1時間前に目覚ましで目が覚めたのに二度寝してしまったのが惜しい。
今日は昼がたいへん忙しく、久々に生きる歓びを味わうもそれ以降は極めて静か。外は本格的に肌寒く、ときおり小雨のパラつく天気。ナツは夜のデモのためのプラカード作りに余念がない。
途中、買い出しの帰りに50%OFFセール中のサウンドユーに寄り、モンクのソロを購入。たぶん、この店に来るのもこれが最後かな。長い間お疲れ様でした。
18時、ナツはデモへ出かけ、20時前に戻る。おおよそ200人ぐらいの人が集まったとのこと。200人なんて官邸前に比べたらどうしようもない人数だろうけど、仙台のような街では奇跡に近い。
大して忙しくもなかったのに僕は妙に疲れてしまい、20時過ぎに先に帰る。広瀬通りのTSUTAYAで「TOKYO!」を借りようと思ったが、残念ながら貸し出し中。
急に伊牟田さんに会いたくなる。「まあでも2分もすれば満足するんだよな」などと思った直後、今度はナナオさんに会いたくなった。
ナツ帰宅後、「ツールボックス・マーダー」を観る。トビー・フーパー、画作りもストーリーの運び方も本当に上手い。なんで工具で殺すのか、最後まで意味が分からなかったけど、そんな些細な事はどうでもいい。キャスティングもとてもうまく行っていて、アパートの管理人(グレッグ・トラヴィスという人)なんて最高だ。主演のアンジェラ・ベティスという女優は何処かで見た顔だ...と思ったら、菊田さんに似ているだけだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿