2012年6月3日日曜日

ザ・ファイター・J・エドガー

6/1

早めに出勤して、Book! Book!の参加企画「ガロ系漫画家の棚」を作る。作ると言ってもただ並べただけだけど。ナツはカウンター前に人形劇関係の本と人形を飾る。

まずまず忙しかった昼のあと、森君ご来店。なかなかいい話。

早起きのせいか、夕方に強烈な睡魔に襲われるが、黒糖ミルクせんべいを食べると目が覚めることが発覚。2回試して2回とも成功であった。

閉店後、ゴリラ食堂で食事。味噌漬けチャーシュー丼定食。しつこくない味つけで大変気が利いている。秋田のフキも上品で美味かった。

帰宅すると、出窓の所に見たことのないカリカリの袋が破れた状態で置いてあり、ベッド上にカリカリが散乱していた。コラーッ!

「ザ・ファイター」を観る。かなり屈折した映画なのかと思いきや、主人公の家族のロクでもなさがとんでもない域に達している所を除けば、とてもまっとうなスポーツ感動作。マーク・ウォールバーグの辛そうな顔は好きだなあ。

**********

6/2

今日は10時に家を出ようと決めていたが、目が覚めたのが7:50だったため、「あ〜これは絶対に二度寝して、最終的に9:30ぐらいに起きるんだろうな」と思ったらその通りになった。午前中は日が照って暑いぐらいだったが、午後は一転して曇って肌寒い。

もう何回編集したか分からないsakanaの最新編集盤を聴く。「雨音」が1曲目なのがポイントである。

思ったより今日は静かだったので、ふらっとマゼランへ。さっきまでホルンに居た森君が居た。「田村隆一詩集」を買う。

18時頃、先に帰って夕飯を作ることにする。TSUTAYAに寄ったら「J・エドガー」が並んでいたので借りる。

ベッド脇の、よく分からない紙類やらCD、CDR、DVDR、名刺、封筒、楽譜、チラシなどが要塞のように混沌と積み上げられている一帯を思い切って掃除する。

ナツ帰宅。夕飯は麻婆豆腐と春雨スープ。

「J・エドガー」を観る。心の機微の描き込みの細かさに圧倒される。イーストウッド自身の路線としては「チェンジリング」に近いが、暴君でもあり繊細でもある主人公の不安定な魅力で惹き込むさまは「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の路線でもある。エドガーを献身的にサポートするアーミー・ハマーとナオミ・ワッツ、何より母親役のジュディ・デンチが素晴らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿