2012年4月3日火曜日

ニンゲン合格・ポレ

4/1

今朝は仕込みが無いのでゆっくり出勤。

戸田君2日連チャンでご来店。福田さん主宰のイベントでDJするという。

今日も昼過ぎは静かな日曜。ナツが急にあきれたぼういずのCDを欲しいと言うので、新星堂で探すが無い。調べてみたら、以前テープで持っていた「ぼういず伝説」は廃盤だという。

閉店後、藤野君、創一君、若生さんが集まり、皆で「ブギーナイツ」を観る。何度観ても泣けるし、笑える。

帰宅後、岩淵さんからオルグで録った「嘘の町」のファイルが届くが、どうもネットの調子が悪くDL出来ず、諦めて寝る。

**********

4/2

昼頃起床。「嘘の町」のファイルがDLできた。

交替した新しい大家さんとの顔合わせの約束が3時になり、ナツとらーめん 竹へ。奥さんの名人級の接客。あっさりしていて余計な事を一切していないラーメン。テレビの高校野球。食後のコーヒーのサービス。完璧だ。

一旦帰って新大家さんと挨拶後、再び出かける。タワーで満を辞して「タカラネタンチョトタカイネ 大里俊晴アンソロジー」を購入。北仙台のTSUTAYAでDVDを返却。広瀬通りのTSUTAYAにも寄って散々迷った末、「回路」だけ借りて帰る。

芦田君から、オルグで知り合いの方に撮ってもらった写真が届く。

大里俊晴BOXを少し聴いてみる。

「女は女である」を観る。前に観たつもりでいたけど、どうやら観るのは初めて。「はなればなれに」とか「男性・女性」などと印象がごっちゃになってしまっている。

ナツが街で電話機を買おうとしていたら、大助さんに偶然会い、不要の電話をもらったという。おかげで通話は普通に繋がるようになったが、ネットは依然として不調。やっぱりモデムの問題なのだろうか。

「回路」を観る。記憶にほとんど残っていなかった「ドレミファ娘」を別とすれば、初めて観た黒沢作品だが、劇場で観た当時は黒沢清のことを全く認識していなかった。いま観ると、かなりポップでコマーシャルな作品であることが分かる。お目当ての特典メイキング映像がなかなか充実している。

**********

午前中の出勤時は曇り空だったが、開店後、徐々に天気が崩れる。

道場破り3人組来店。世界が微妙に歪む。

夕方、先に帰宅。江守さんが送って下さったsakanaのビデオを観て感極まる。

ナツ帰宅後、何処のTSUTAYAにも無いので豪を煮やしてDVDを購入した「ニンゲン合格」を観る。これもまた、当然のように名作だった。洞口依子のソンドラ・ロック的扱いに感銘を受ける。

日記のコメント欄に小岩さんが書いていたのに気付く。小岩さんに愛されたポレは幸せだったと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿