2012年3月21日水曜日

LOFT・ピンクキャデラック

3/19

昼前に起床し、朝市へ行く前にちょっと寄り道するつもりが、タワー、オフ、TSUTAYA、ジュンクなどを果てしなく放浪する。それにしても、欲しい本はほとんど例外なく2200〜3200円だな。結局何も買わず何も借りず。ようやく朝市で買い物して店でナツと合流。仕込みする頃には薄暗くなっていた。

兄から留守電があったということなので、仕込み後に電話。先日の相談事について。

帰宅後、「LOFT」を観る。安達祐実を初めて良いと思った。終わり方も良かったなあ。

**********

10時過ぎ起床。長く込み入った夢を見たけど、職安と思われる建物の非常階段で阿部さんに会ったのと、帰りの足が無くて大勢の失業者と見知らぬ街をえんえん歩いた所しか覚えていない。

祝日ということで忙しい。忙し過ぎてコップを割ってしまったが、同じ瞬間にナツは生クリームを噴出させていた。1年も経てばプロっぽく振る舞えるかと思っていたが、なかなか慣れない。それにしてもお客さんが来て下さるのは本当に嬉しい事だ。

創一君ご来店、ジスモンチ、ザッパのCDRを貰う。この前は関さんからもミックスCDRを貰ったし、最近BGMが充実している。夜は岩住君ご来店。ホルンの一日の売上目標額を試算、完璧に言い当てられる。さらに、長年疑問に思っていた、サラリーマンが飲み代を経費に落とす手順や加減を説明してもらいタメになった。

帰宅後、満を辞して「ピンク・キャデラック」を観る。残り僅かな未見のイーストウッド主演作。消化試合のつもりで全然期待していなかったけど、'89年という微妙な年代の特性なのか、面白いポイントが沢山あって、ヴァン・ホーン監督の起用も大正解だったと思う。「ダーティファイター」的な悪役のダメ加減とか、無駄なギャグの数々、怪優ジェフリー・ルイスを無理矢理出しているところも個人的にポイントが高い。

0 件のコメント:

コメントを投稿