2012年2月11日土曜日

ちよじ病院へ・くたばれ!ハリウッド

ここ数日、ちよじの前足の傷をキズパッドと包帯で処置していたが、今朝になってビッコをひいているのをナツが発見。心配だということで病院へ連れていくことになる。僕は先に店へ行き仕込みして開店。

病院へ行った結果、パッドも包帯も無し、舐めないようにカラーをつけて、抗生物質などの飲み薬が出たという。やはり傷が乾くことが肝要なのか。

開店直後の1時間ぐらいと、閉店前の1時間ぐらいが忙しいという不思議な日だった。初めてのお客さんと常連のお客さんが入り乱れていて、本当に有り難く思う。

帰宅すると、ちよじの傷は乾いて多少綺麗になっているように見える。カラーをつけて外にも出られず、観念しているように見えるけど、ストレスがたまらないといいが。

ロバート・エヴァンズの生涯を描いたドキュメンタリー「くたばれ!ハリウッド」を観る。ケネス・アンガーの「ハリウッド・バビロン」の続きを読んでいるようだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿