2011年1月6日木曜日

引き裂かれた夕食

年末に藤野君が来てくれて映画の話に付き合ってもらったり、年明けすぐに生田ちゃんと森君が、このまえの大阪で知り合ったばかりの笠井さんと高安さんを連れて来てくれたり、あゆ子にカレーの試食をしに来てもらったり(2回目)、里帰りした福ちゃんと虎太郎君・清水ちゃんと美唯ちゃんが来たりと、ふだんはそれほど来客のない我が家は年末年始に賑やかだった。人が来るたびにコーヒーやチャイ、カレーなどを試飲・試食してもらい感想をもらうのが楽しみとなった。店が始まったらそれこそ毎日人が来るわけで(というか来なかったら生活できない)、ここぞという時にまともに喋れなくなる持病を持っている自分自身にかなりの不安を感じつつも、準備は着々と進んでいるのであった。
カレー作りも相変わらず続いているが、カレー伝道師・渡辺玲氏の功績で以前よりも南インド料理のレシピをネットに上げている方が増えており、参考にさせて頂く。先日は付け合わせ系の充実のため、インド流ピザソースと呼ぶべきトマト・チャトニ、揚げたダルとココナッツ・ファインとスパイスのミックスが香ばしくて美味しいココナッツ・チャトニ、それと得意料理のマッシュポテトカレーなどを一気に作ってみる。それぞれ主役を張るようなカレーではないが、いずれもカレーの常識を打ち破るインパクトがあり、作っては面白がって食べる、ということを繰り返している。そうこうしている間にもサンキュウ農園から定期的に届けられる野菜のうちカレーに使わない食材が放置されたり、志津川のナツの実家からお正月ならではの食料が段ボールで届いたりして、カレー以外のものも食べないわけにはいかなくなってくる。連続でカレーを食べた末の夕食で久々に白菜の味噌汁などを飲むとあまりの美味さに驚いたりしつつ、また翌朝にはカレーの残りを消費しなくてはならない。そしてまた餅を地味に食ったり、ミカンをつまんだりしているので、常に腹が満たされつつ食文化的には引き裂かれている感覚がありオカシイ。
人形劇好きの高安さんに見てもらおうと昔のVHSを漁っているうちに、生田ちゃんとナツがやっていたポンコレラのビデオ以外にも、最初の頃のIGLOO MEETINGの記録なども出てきて、タイムカプセルを開けたような気分になる。中でも高玉君のNow She's Blackは、懐かしいというだけでなく、今でも十分に人を興奮させるオーラを放っている。チャーミングで、パワフルで、バカバカしい名曲の数々。もうライヴはやってないのかもしれないけど、いつか機会があったらまた会いたい、古い友達の一人だ。
年末年始は全然映画を観なかった。深夜にテレビで放映された「東京タワー」をボーッと観たぐらいか。前に観た時はそれほど気にしていなかった内田也哉子が随分良く見えた。エンドロールの甘ったるい主題歌は映画をブチ壊していると思うが、今回の放映では歌い出しすぐでブツッと断ち切ってくれたので気持ち良かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿