2010年12月30日木曜日

冬のヒング

 スパイスが届いてからというもの、毎日カレー作りに明け暮れている。
1日目はキャベツのムング・ダル・クートゥと大根のサンバルと黒ごまのチャトニ、2日目はかぼちゃのチャナ・ダル・クートゥとインギ・プリ、3日目はパラク・ダルとトマト・パプと黒ごまのチャトニ。一度に6〜8人分を作るので、2人で毎食食べても食べ切れない。昨夜は朝倉とあゆ子に来てもらって随分助かった。カレーは概ね好評だったものの、yumboメンバーの通過儀礼としてあゆ子にヒングの臭いを嗅がせて顰蹙を買ったり、自分でさえ引くほどに激辛となったインギ・プリの最後の1杯分を小野君へのお土産として持たせたりしてしまった。
 物販用の現実バッジで遊んでいる様子。

一昨日だったか、深夜のテレビで偶然始まった映画「ニューヨークの恋人」を観る。「ナイト&デイ」がヒットしたのでマンゴールドの旧作が放映されたのだと思う。タイムスリップものは好きだし、見始めた映画は最後まで観る方針なので、3時まで起きて頑張って観た。 初めて見たリーブ・シュレイバーという役者がいい味を出していて、彼が演じたスチュアートという男の「僕は虹を見た犬なんだよ」という終盤の台詞が良かっただけに、彼の扱いがぞんざいだったのが惜しい。やっぱりタイムスリップものの最高峰は「レイト・フォー・ディナー」なのか。
おやつ映画を観た反動で、生涯で出会った中で最高の映画の1本である「エンジェル・アット・マイ・テーブル」を見返す。やはり何度観ても、思わず拍手したくなるほど素晴らしい。ジェーン・カンピオンは決して天才とか名監督の部類に入る人ではないと思うけど、この映画があるなら他にどんな駄作を撮っていたって構わない。DVDを買ったのは随分前なのに、特典映像(未公開シーンとメイキング)に今更気付いて、それも興奮して観る。少女時代のなわとびのエピソードはカットすべきではなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿